会長あいさつ

2019~20年度
つくばシティロータリークラブ
会長 松本豊

松本年度の会長方針は「つながり」です。万物全てに、「つながり」があります。
人間が生きて行くための衣食住だけでなく、動植物から地球環境まで、この世全てに「つながり」があることを 認識し、クラブとしてこの「つながり」を深化させて行くことを今年度のテーマとしました。
これは、マーク・マローニーRI会長のテーマである「Rotary Connects the World」「ロータリーは世界をつなぐ」の精神に則したもので、つくばシティRCとして「どう会員同士と繋がりを深めて行くか」、また「他クラブ同士とどう繋がって行くか」そして「地域社会とどう繋がりを広げていくか」を皆で考え実行していきたいと思います。

具体的には、以下の重点項目を実行して参ります。

  1. 会員同士の「つながり」を強固にする。例会出席がクラブ活動の原点です。例会では、積極的に会員同士の話し合いや卓話をしていき、会員同士の絆を深めて参ります。それぞれの会員が 「例会に出席して良かった」、「いろいろな職業の話が勉強になった」、「例会出席が毎回楽 しみだ」等の印象を常に持ってもらいたい。それが退会防止に繋がりますし、またロータリーの魅力として「是非、ロータリーに入会したい」という評判になり、会員増強へと繋がります。
  2. 会員増強計画:純増2名を目標とします。特に女性会員や若い方々の入会を推し進めます。
  3. マローニーRI会長が言われているように、会員家族にもロータリー活動の理解を深めてもらいます。
  4. 青少年奉仕活動:「子供は社会の宝」。我々個々の職業を通して地域の青少年にできることを積極的に実行していきます。
  5. 国際感覚の滋養と国際奉仕:つくば市内には留学生を含め、たくさんの外国人が住んでいます。また東京オリンピック・パラリンピックの開催も間近。米山奨学生を含め外国人の方々との交流と理解を深めて参ります。
  6. My Rotaryの登録率を60%以上にします。また当クラブのホームページが刷新されたことを受けて、迅速な情報発信と積極的な配信活用を行います。

ロータリーの「つながり」を更に深化させ、ポール・ハリスの設立当時の「志」とロータリー精神を広げて行きましょう。
会員の皆さんのご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

クラブ概要

名 称

国際ロータリー第2820地区 第6分区
つくばシティロータリークラブ

創立年月日

1993年10月1日

RI加盟承認

1994年3月6日
会場:つくばセンタービル・ノバホール

スポンサークラブ

つくば学園ロータリークラブ

会員数

53名 / 平均年齢:60.9才
(2019年7月1日現在)

役 員

会長     松本 豊
直前会長   稲葉 貞幸
会長エレクト 金子 他喜男
副会長    市川 一隆
幹事     七野 悟
副幹事    鈴木 潤
SAA    遊佐 浩
会計長    小林 保弘
理事(職業奉仕担当)     岡本 俊一
理事(社会奉仕担当)     石山 武
理事(青少年奉仕担当)    飯島 功光
理事(国際奉仕担当)     大塚 美智夫
理事(広報・クラブ会報担当) 宮本 直
理事(ロータリー財団)    金山 義信
理事(米山記念奨学会)    野堀 幸夫

例会会場

オークラフロンティアホテルつくば
つくば市吾妻1丁目 TEL.029-852-1112

例会日時

毎週水曜日 12:30~13:30
※月の最終例会は19:00~20:30

定例理事会

毎月第1水曜日・例会終了後

分区地区

第2820地区・第6分区

事務所

〒305-0051 つくば市二の宮1丁目10-1
ヴェルドミール 105号室
TEL. 029-860-2081
FAX. 029-860-2082