つくば市新春賀詞交歓会

つくば市新春賀詞交歓会
会長 松本 豊
令和2年1月10日(金) 於:ホテルグランド東雲

さる1月10日(金)つくば市主催の賀詞交歓会に七野幹事と共に出席してきました。
当日は五十嵐市長はじめつくば市議会議員や県議会議員だけでなく、つくば市にゆかりのある衆参議員の方々や市内の研究機関、民間企業及び各種団体など500名以上の方々がグランド東雲に集まりました。
つくばシティRCメンバーも総勢14名、各種団体の代表として出席していました。

一番印象に残ったのは、市長の挨拶でフードロスに関する話でした。
日本では、国民一人ひとりが毎日茶碗一杯のご飯を捨てるに等しい量の食べ物が捨てられているとのことです。
そして毎年の賀詞交歓会でもかなりの料理が残されているということでした。
例年より食べ物の量を減らしつつ、より満足度を高めた料理にしたいと今回市長がグランド東雲さんにお願いしたところ、市川社長が快く受け入れてくれたことに大変な感謝の意を表していました。
それを聞いた私は、市川一隆氏が我々クラブのロータリアンであったことに大変誇りを感じました。
食品ロス問題は「貧困や飢餓」に直結する全世界の問題であり、国連のSDGs (Sustainable Development Goals / 持続可能な開発目標)にも直結するものです。
我々ロータリアンも率先して実行すべきだと痛感しました。

例会時に残ってしまう食事も然りです。
例会では多数の出席をお願いするのですが、欠席する場合は無断欠席や当日欠席ではなく、できるだけ事前の連絡をしていただき、食品ロスをなくすようご協力をお願いします。